今年も新米プレゼント!アメリカで買える「米特集」

2017年08月09日
671_Web_L

今年もやります!17名様に新米プレゼント!!!

新米の季節がやってきた!アメリカにいてもやっぱりご飯。アメリカで買えるお米や保存方法、アイディアレシピまでご紹介。

▼新米プレゼントの詳細はこちら▼

お米プレゼント2017_revised_ol-01

量り方

計量カップに山盛りのお米を入れ、すりきり棒などですりきる。ギューっと押し付けたりしない。

洗い方

1.すすぎ
米が入ったボウルにたっぷりの水をそそぎ、米にぬか臭がつかないように手早く2~3回混ぜて捨てる。(最初の水は吸収されやすいので、ぬか臭がつかないように特に手早く!)※これを2セットくり返す。

2.洗い
水を捨て、米だけの状態でかき混ぜる。なべの内側に沿って混ぜるのがコツ。指先を立てて、大きく30回(約15秒くらい)かき混ぜる。その後、たっぷりとボウルに水をそそぎ、2~3回かき混ぜ、水を捨てる。※これを2~4セットくり返す。

炊き方

水を捨て、米だけの状態でかき混ぜる。なべの内側に沿って混ぜるのがコツ。指先を立てて、大きく30回(約15秒くらい)かき混ぜる。その後、たっぷりとボウルに水をそそぎ、2~3回かき混ぜ、水を捨てる。※これを2~4セットくり返す。

お米のとぎ方のコツ

・昔の米は、たくさんついたぬかをとるために、ギュッギュッと米をこすり合わせるように押してといでいた。しかし、現在は精米技術が進み、その作業をする必要がないので、お米が割れたりしないように指先で優しくとぐことを心掛ける。つまり、新米や精米したての鮮度の良い米はやさしく、鮮度の落ちた古米はしっかりとぐ、と覚えておくと良いだろう。

・ボウルに水を入れたまま米をとがない。水があると米同士の摩擦が起きないので、きちんととぐことができない。

 

お米をおいしく炊くためのテクニック

・研ぎ終えたら水を入れ、15~30分ほど水に浸してから炊く。タイマー機能を使って炊く時も、6~7時間程度なら浸したままでも問題はない。ただし、夏場のように水温が高くなる状態で長時間置くと、炊きあがりの味は落ちてしまう。お米を浸す水温は低いほうがおいしく炊ける。

・水の量は基本的には炊飯器の目盛りの通りで問題ない。ただ新米は古米に比べるとお米自体に含まれる水分が多いため入れる水も少なめにするといいだろう。また玄米や無洗米は多めの水で炊くのが基本。何度か試しながら自分のお好みの水加減を探そう。また「夏は少なめ・冬は多め」と季節によっても変える。

・炊きあがって15~20分蒸らしおえたら、すぐにシャリを切る。シャリを切るとは、ご飯を混ぜること。こうすると余分な水分が飛び、ご飯に空気が入ってふんわり感が出てくる。ぬらしたしゃもじを鍋肌からいれ、全体にムラなくほぐし、空気を入れるように混ぜる。この作業は蒸らし直後に行わないと意味がなく、最後の仕上げといえるくらい大切なポイント。

ふっくらしたご飯の出来上がり。

 
記事の続きは電子版アプリでご覧いただけます。(671号)
アプリのダウンロードはこちらから。
▶︎iPhoneの方(App Store)
▶︎Androidの方(Google Play)

その他の特集はこちらから。

(特集)

  • 会社設立 経理会計 2017年05月03日 尾崎会計事務所 会社設立手続きから経理・会計 サポートまで、お客様の夢の実現をお手伝いをします。
  • PR ギフト 和菓子 2017年05月03日 ボックス (Bokksu) がプレミアムな日本の味をご自宅にお届け!!
  • PR クーポン ヘアサロン 2017年05月03日 ~全メニュー10%off~ 日本語対応可能なヘアサロン「エナ美容室」

PAGE TOP