【連載】麻子先生の内緒悩み相談室 第27回「深く付き合いたくない子供の友達の親に対して」

2017年10月06日
麻子先生_650-423

深く付き合いたくない子供の友達の親に対して

質問者(S):子供のお友達のお母さんと、どうも性格が合わないというか、あまり好きになれません。その方はその場にいない他のお母さんのことなどを悪く言ったりするので、一緒にいると気分を害します。しかし、そのお子さんには、これからもうちの子供と仲良くしてほしいです。ただ、私はそのお母さんとのお付き合いをなるべくしたくありません。私は心が狭いのでしょうか。

麻子先生(A):子供の為を思うと、性格が合わないと思うお母さんともママ友にならなくてはいけない!と必然的に思ってしまうのは普通なのではないかなと思います。でも、子供同士が友達だからと言って、自分が無理をしてまで、そのお母さんとベストフレンドになる必要はないです。もちろん、子供のことを考えると、ある程度そのママさんと繋がっていることは大事なのかもしれません。どのあたりで境界線を引くか、ということかもしれませんね。

そのママさんは他の方の悪口などを言ってしまうと言うことであれば、気を緩めて何でも話す仲になると言うよりは、ある程度の距離を保ちながら、たわいない話をする関係でいいでしょう。大抵人の陰口を言っている人の場合は、自分もその人に陰口をたたかれていると思っておくほうが無難でしょう。だからこそ、用心する必要があるかもしれません。

S:どのように接していけばいいでしょうか。

A:どうしても一緒に時間を過ごさなくてはいけないと言うときは、「一緒にいると気分を害する!」というオーラを出さずに接することも大事かもしれませんね。そんなときは、嫌だなと思う感情にフォーカスを当てず、マインドフルにその瞬間瞬間だけに集中すると良いでしょう。

そして、彼女のプラスの部分を客観的に見てみることもいいかもしれません。二人だけではなく、他のママさんも含めてグループで一緒に時間を過ごしてはいかがでしょうか。あまり無理のない程度で、適度な距離を保ちながら付き合うことでご自身を守れることにもなるので、テンパらずに付き合ってみてくださいね。

記事詳細は電子版アプリでご覧いただけます。(671号)
アプリのダウンロードはこちらから。
▶︎iPhoneの方(App Store)
▶︎Androidの方(Google Play)

「麻子先生の内緒悩み相談室」バックナンバーはこちらから。

<保市麻子カウンセラー>Asako Hoichi, NCC, LCPC
Mindful Professional Counseling
Web: www.mindfulprofessionalcounseling.com
Email: Asakohoichi@mindfulprofessionalcounseling.com
Tel: 847-899-3329

  • PR クーポン ヘアサロン 2018年06月26日 ~全メニュー10%off~ 日本語対応可能なヘアサロン「エナ美容室」
  • 会社設立 経理会計 2017年05月03日 尾崎会計事務所 会社設立手続きから経理・会計 サポートまで、お客様の夢の実現をお手伝いをします。
  • PR ギフト 和菓子 2017年05月03日 ボックス (Bokksu) がプレミアムな日本の味をご自宅にお届け!!

PAGE TOP