趣味・娯楽の掲示板


new!

Forest preserves にてシェア自転車の運用開始。合わせて利便性が高いアプリもリリース![このスレッドを削除する]

  • 投稿者:あんぐる編集部
  • 投稿日時:2018/08/03 17:17
  • エリア:Chicago
  • 通報する
6月下旬に、Cook County Forest Preserve地区にて300マイル以上の距離をシェア自転車で楽しめるプログラムが始まりました。

「Cook County Forest Preserve地区を訪れる方は、必ずしも自転車を所有しているわけではないので、絶好に良い機会だと思います。また、このプログラムでは、多くの方に美しい自然を楽しんでいただけます。」とCook County Forest Preserveの代表トンプリー・プレスクウィンクルさんはプレスリリースで述べました。

また、初めて25箇所のシェア自転車駐車場が、Cermak Woodsにて開始されました。
将来的には、50箇所の駐車場と500台の自転車を設置する予定です。
設置場所としては、Maywoodの中にあるLoyola大学病院センターから道を渡ったfirst AvenueのMiller Meadowや、Cook County Forest Preserveの本社、Brookfield Woods、Park26th Street WoodsやBrezina Woods Picnic Groveなどを予定しています。

実はシェア自転車の運用は今回が初めてではありません。
ご存知の方もいると思いますが、2015年にCook County Forest Preserve地区は、バイクアンドロールシカゴとパートナー契約を結び、シカゴ北部に6箇所駐車場を設置していました。
Cook County Forest Preserve地区は、このシステムを延長し、パートナー関係は今も続いています。

そして、より利便性を高めるためにモバイルアプリ『HOPR』もリリースしました。
このアプリを利用すると、自転車のロックを解除して再度駐車をする事も簡単にできます。
アプリは、スマートフォンやパブレットでダウンロードが可能です。

料金システムは、$2.50を支払うと30分間自転車を乗る事が可能です。
また、$60を支払い季節会員になると、11月まで1日90分間自転車に乗る事が可能です。
(時間の延長は、1分ごとに10セント追加料金がかかります)


アプリは、スマートフォンのappストアでダウンロードでき、情報はgohopr.com/chicagoland.にて見る事が可能です。

これからの季節、シェア自転車に乗って、Forest Preserveの自然を楽しむのはいかがでしょうか?

PAGE TOP